ちいさなねずみが映画を語る

すきなものを好きなだけ、観たものを観ただけ—

公開年月日-2018年11月公開-ボヘミアン・ラプソディ

「この公式が凄い!」 - カードボード・ベンのその後

相変わらず公式からの供給過多なカードボード・ベン・ファンタジー

これが真の終わり、ボラプボーイズの旅路 - 映画『ボヘミアン・ラプソディ』

ボラプの旅路の最後は、勿論ベンハとマッゼロさん

賞レースの余韻を引き摺るグウィリム・リー - 映画『ボヘミアン・ラプソディ』

賞レースシーズンの終わりに耐えられないグウィリム・リー、気付けば博士もびっくりのインスタ更新頻度

終わらないでくれ、ボラプボーイズの旅路 - 映画『ボヘミアン・ラプソディ』

ボラプボーイズSNS集オスカー編、(筆者の仲で)終わる終わる詐欺状態

司会者不在の穴を見事に埋めたクイーン+アダム・ランバート - 第91回アカデミー賞

今年のアカデミー賞は、30年ぶりに司会者不在で実施された異例のもの。当初はきちんと実施できるのか不安視されていたが、蓋を開ければすっとこどっこい、前年より視聴者数が伸びるという見事なものだった*1。 そんなオスカー当日、受賞者やプレゼンターがス…

順当?それとも波乱?2019年賞レースシーズンの締めくくり - 第91回アカデミー賞

遂に今季の映画賞を締めくくるオスカーが終了した。なかなか面白い結果になったので、色々すっ飛ばして早速特集したい。ノミネート解説はこちら。 mice-cinemanami.hatenablog.com mice-cinemanami.hatenablog.com

いよいよオスカー授賞式、ボラプボーイズ+リアルクイーン現地入り

いざ行かんかな、時ぞ来ぬ

リアルクイーン、いざオスカーへ! - 何度目だ『ボヘミアン・ラプソディ』

ええ加減にしろというくらい続けている『ボヘミアン・ラプソディ』の記事である。しかも実生活で色々へとへとになってるので、割とふらふらな頭で適当な記事を書く予感しかしない。 遂に正式発表! いよいよ来週月曜(日本時間)に迫ったオスカー授賞式。今日発…

乳糖不耐症でそうはならんやろ - 短編映画集『MILK』

僕たちは何を見せられているのか……?乳糖不耐症のジョー・マッゼロを襲う悲劇、救うのはセバスチャン・スタン

祝!ラミ・マレック主演男優賞 - ボラプボーイズ的BAFTA編

きょうも大騒ぎボラプボーイズ💕BAFTA編

#BAFTA 授賞式、大注目主演男優賞から! - 英国アカデミー賞2019総括その2

大注目主演男優賞+助演賞、技術系に総括

#BAFTA 授賞式!、主演女優賞まで - 英国アカデミー賞2019総括その1

大注目BAFTA、作品・監督・脚本部門+胸アツの主演女優賞

混沌とし続けるオスカーの行方 - 全米映画俳優組合賞/SAGawards

オスカーを占う重要賞のはずなのに、まだ見えない賞の行方+ボラプボーイズ大はしゃぎ

ブライアン・シンガーをめぐる混乱 - 映画『ボヘミアン・ラプソディ』

ブライアン・メイも見限った、ブライアン・シンガーの性的不品行、作品をGLAAD賞ノミニーから叩き落とす

祝!オスカー5部門ノミネート - ボラプボーイズ大騒ぎ190124

ボラプボーイズ/ヒロイン(とリアルクイーン)、オスカーで大はしゃぎの巻

第91回アカデミー賞ノミネート発表その2 - 作曲賞以降の後編

今回は第91回アカデミー賞ノミネート作品紹介の後編。前回は全24部門のうち、部門のアルファベット順に13番目のメイクアップ・ヘアデザイン賞まで行ったので、今回は作曲賞以降の11部門と総括を行う予定だ。そして前編はこちら☞ mice-cinemanami.hatenablog.…

第91回アカデミー賞ノミネート発表その1 - 『ROMA/ローマ』『女王陛下のお気に入り』一騎討ち

遂にオスカーノミネートが発表された。最多ノミネートは10部門の『ROMA/ローマ』"Roma"(ネタバレレビューはこちら)、これに9部門10ノミネート(助演女優賞ダブルノミニー)の『女王陛下のお気に入り』"The Favourite"が並ぶ。特筆すべきは『ブラックパンサー』…

きょうのボヘミアン・ラプソディ - 190122

いい加減何度目だよと言われそうな気もするが粛々と更新。もうナンバリングが分からなくなってきたので、遂に日付を入れるようになる有様だ。 カードボード・ベン、BABダンスに挑戦 ここに出ていた、アダム・ランバート 『ブレイク・フリー』 NHKでの独占イ…

お誕生日おめでとうルーシー! - n度目のボラプボーイズSNS集

1月17日はルーシー・ボイントンの誕生日。ボラプボーイズのSNSはすっかり「ボーイズの内輪ネタ」と化していたが、ヒロインのお誕生日も忘れていなかった。というわけで今回はこれのご紹介。ルーシーちゃん、25歳の誕生日おめでとう! mice-cinemanami.hatenab…

BAFTAノミネート発表!その2 - 技術系部門を中心に+総括

今回はBAFTAノミネート紹介の後編。技術系部門を中心に紹介するほか、ノミネート内訳など総括を行いたい。因みに前編はこちら。合わせて読んでほしい。 mice-cinemanami.hatenablog.com 部門別 作曲賞 撮影賞 編集賞 プロダクション・デザイン賞 衣装デザイ…

BAFTAノミネート発表!その1 - 比較的順当な印象のある英国アカデミー賞2019

英国アカデミー賞; BAFTAのノミネートが発表された。3月頭に授賞式があるオスカーに向け、ゴールデン・グローブ賞と並んだ最大の前哨戦となるのがこのBAFTAである。GG賞は元々ショー的要素が強く華々しい印象があるが(とはいえ流石に今年は大波乱である)、BA…

ゴールデン・グローブ賞から一夜明けて - 止まらないボラプボーイズSNS集

クイーンの情報や写真について公式が最大手みたいな話はSNSを眺めているとちらほら見かけるが、ゴールデン・グローブについてもその通りだった。2部門ノミネート☞2部門受賞という打率の良さを見せた『ボヘミアン・ラプソディ』の関係者たちが、アフター・パ…

そこのけそこのけボラプボーイズが通る - ゴールデン・グローブ賞オフショット集

大混戦のゴールデン・グローブ賞2019授賞式が終了した。結果についてはこちらでどうぞ。 mice-cinemanami.hatenablog.com - 色々書いてたら1万字越えたレビューです 大穴ながらドラマ部門2部門をかっさらっていった印象のある『ボヘミアン・ラプソディ』だが…

ほれ見ろ!『ボヘミアン・ラプソディ』が受賞だぞ……?! - 大混戦ゴールデン・グローブ賞2019

このブログの1番最初の記事でこうやって息巻いた。 mice-cinemanami.hatenablog.com そんな筆者だが、流石に今回の結果は驚きに次ぐ驚きであった。どうせノミネートだけの泡沫候補だと思われていた『ボヘミアン・ラプソディ』が作品賞(しかもドラマ部門)と主…

幸せいっぱい、仲良し過ぎるぞボラプボーイズ! - 映画『ボヘミアン・ラプソディ』

本記事は先日公開した「カードボード・ベン」に関する記事の続きである。拙ブログの中でも(現状)トップPVを誇るこの記事だが、主にマッゼロさんの悪ふざけのせいで追記が止まらず、切り分けることにした。ついでにおめでたいニュースも少しあったので一緒に…

NHK、クイーン独占インタビューに成功 - 映画『ボヘミアン・ラプソディ』

NHKがクイーンのロジャー・テイラー、ブライアン・メイへの単独インタビューに成功した。既に『おはよう日本』や『NETBUZZ』にて一部が放送されていたが、この度ロジャー・テイラーへのインタビュー分が(ほぼ)全文公開されていたのでご紹介する(後日メイの分…

映画で流れるクイーンの名曲 - 映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観に行ったわけ

今日こそ延々書いてきた映画『ボヘミアン・ラプソディ』の話も終わりである。 何だか知らないけれど6記事も書いていた。大部分、原因がマッゼロさんの悪ふざけな気もするが気のせいとしておこう。 mice-cinemanami.hatenablog.com そもそもわたしがクイーン…

ふわっと小ネタと音楽を解説 - 映画『ボヘミアン・ラプソディ』

ブログ開設以来書き続けてきたボラプの話も今回で終わりである。多分。 (と言っていたら、また書きすぎたので、もう1記事出ます) というわけで、最後にどうでもいい小ネタや音楽の話を書き綴りたいと思う。例によって独断と偏見だし、ナチュラルにネタバレる…

ひとりのボヘミアンが「家族」の元へ戻る話 - 映画『ボヘミアン・ラプソディ』レビュー

ネタバレ無しレビュー クイーンが好きだと言っても、わたしの位置付けはせいぜいにわかというところだと思う。そもそもクイーンの曲から入ったわけでもない。CMや別映画で使われていた曲がいいなあ、と思っていたら、何故だかそういう曲は我が家の超絶偏向プ…

カードボード・ベンって何……?撮了後も続くキャストの縁 - 映画『ボヘミアン・ラプソディ』

カードボード・ベンって何……? 事の始まりはベン・ハーディの日本プレスツアーキャンセルだった。直前になって新作の撮影が長引いて飛行機に乗れなかったというニュースが入ったのだ。

Live Moon ブログパーツ