ちいさなねずみが映画を語る

すきなものを好きなだけ、観たものを観ただけ—

ヒロチョさんが神回滑狼の振り返りを書いていたよ

大分前になったけれど、こんな記事を書いた。∞ホールでやっていた滑狼、もとい人狼+大喜利のライブバトルを、ちょこちょこと紹介した記事である。

mice-cinemanami.hatenablog.com

この回で、占い芸人として最後まですゑひろがりずと戦うことになった西村ヒロチョさんが、あの神回を振り返る記事をnoteで公開していた。観ている側も笑わされたあの展開について、当事者として深く深く書いているので是非読んでいただきたい。

note.com

note.com

そういえばこの動画は、そろそろ配信停止になると噂だったけど、全然ならないなあ……

www.youtube.com関連:滑狼 / よしもと∞ホール / すゑひろがりず / ニブンノゴ! / ジェラードン / ニューヨーク / 西村ヒロチョ / ランパンプス / ラフレクラン

素直に話を追えなかったのは日本人だからなのか - 映画『ハクソー・リッジ』

本当に今更なのだけど、友人と浦添ようどれの話をしていて、そう言えばハクソー・リッジ"Hacksaw Ridge"('16) 観ていなかったな、と思ったので観た。賞レースをひた走っていた頃は、「アンドリュー・ガーフィールドが主演男優賞を争っているらしい」(※オスカーにもノミネート)、「メル・ギブソンが凄い映画を撮ったらしい」(※賞レース前大絶賛)ということだけ掴んでいて、これがまさか前田高地の激戦を描いた話だとは知らなかったのである*1。そう言えばゆいレール浦添まで延伸され、終点のてだこ浦西駅は舞台となった前田高地までほんの少しの距離にある。というわけで映画を観てみたのだが……沖縄戦は遠い昔の話だと思っていたが、米軍側から描かれた話とはいえ、素直に観ることのできる作品ではなかったというお話。

ハクソー・リッジ(字幕版)

ハクソー・リッジ(字幕版)

  • 発売日: 2017/10/04
  • メディア: Prime Video
 

——今週のお題「遠くへ行きたい」

 

  • ネタバレない程度の前提整理
  • 話自体は淡々と進む
  • メル・ギブソン監督作品であることには触れねばならない
  • 沖縄戦のシーンは、単純には観ていられない
    • 戦艦から容赦無く浴びせられる砲撃
    • 日米双方の若者が散っていった
    • 茅葺き屋根の家屋、あったんですね
  • ゆいレール延伸で行きやすくなりました

 

ネタバレない程度の前提整理

とはいえ、主人公の背景を言った時点で大ネタバレだが、まあその辺は目をつぶっていただこう。

 

アンドリュー・ガーフィールド演じる主人公のデズモンド・ドスは、いわゆる「良心的兵役拒否」だ。テレンス・マリック監督が送った『名もなき生涯』"A Hidden Life" で取り上げられたことで存在を知っている人もいるに違いない。簡単に言えば、不殺生を戒律とする宗教を篤く信仰していて、そのために殺傷を伴う兵役には就けないと拒否する権利のことである。『名もなき生涯』のフランツは良心的兵役拒否のために殉教したが、今作の主人公のドスは、国のため何とかして兵役に就きたいと、銃の訓練を拒否した上で衛生兵になることを目指す

www.youtube.com

ドスは訓練を受けた後、沖縄戦における激戦地のひとつ、「ハクソー・リッジ」(直訳すれば「弓のこ尾根」)に赴き、ここで75名もの米軍兵を救ったとして英雄的存在になった。「ハクソー・リッジ」というのは米軍側が付けた名前で、本来の地名は「前田高地」といい、日本でもその激戦ぶりがよく知られている。なお、この尾根の上には、浦添城に加え、琉球王朝時代の王家の墓である浦添ようどれが存在する。これで話が冒頭に戻りましたね。

www.city.urasoe.lg.jp

*1:この話は先述の友人にもびっくりされたのだけど、『ハクソー・リッジ』が沖縄の話だと知ったのは大分後になってからだった

続きを読む

大泉洋以外に適役が見当たらない - 映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』

家にいるのに映画のひとつも観ないで過ごしているのが憎らしくなってきたので、映画こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話('18)を観た。筋ジスを患いながら病院生活を厭い、大勢のボランティアを囲って自立生活を送った鹿野靖明という人物の伝記物である。わがまま放題に生きる鹿野を演じるのは、同じ北海道出身の大泉洋。……これがまあ、彼を知る人物ならよく分かるだろうが、彼以外に誰がいるのというくらいの適役だった、というお話。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

  • 発売日: 2019/07/10
  • メディア: Prime Video
 

——お題「#おうち時間

 

  • 背景:筋ジスなんか関係あるか、わがまま放題で生きろ
  • あらすじ (ネタバレなし)
  • 主演陣に、言うことはなし
    • 大泉洋以外に適役が見当たらない
    • 若手名優の代表株がカップル役で共演
  • わがままな息子に、湿っぽくない母
  • 障害者だからって、鬱屈として生きなくても
  • 佐藤浩市の友情出演は、そういうわけか
  • おしまい

 

背景:筋ジスなんか関係あるか、わがまま放題で生きろ

この作品はまず、実話をベースにした作品である。この映画の原作となったのは、2003年に渡辺一史が出版したノンフィクションだ。鹿野は筋ジストロフィーを患い、移動にも電動車椅子が欠かせないながら、多数のボランティアを囲って自立生活を営んだ。渡辺は鹿野本人とその周りにいた人々を実際に取材してこの本を書いたという。残念なことに鹿野は本の上梓を待たずに前年に亡くなっていたが、渡辺の他に、鹿野のボランティアとして働いていた人々も、折に触れ鹿野の母の元へ集まって交流しているという。現在は文春文庫で読むことができる。

webronza.asahi.com

 

 ちなみに鹿野のアパート場面の撮影は、実際に彼が住んでいた団地で行われたそうだ。すごい。

www.athome.co.jp

 

「こんな夜更けにバナナかよ」という強烈なタイトル通り、実際の鹿野も大変わがまま放題な人間だったようだ。この本のタイトルは、鹿野に言いつけられたボランティアの心へ実際に浮かんだ台詞なのだというから、その辺りはお察しである。そんなわがまま放題、ゴーイングマイ・ウェイな彼の役には、同じ北海道出身の大泉洋が当てられた。……言うまでもなく、適役中の適役である。

 

あらすじ (ネタバレなし)

ケーキ屋でアルバイトとして働く安堂美咲(演:高畑充希)は、彼氏の医大生・田中(演:三浦春馬)に連れられて、彼がボランティアで訪れる鹿野靖明(演:大泉洋)の家に行く。筋ジスを患う鹿野は、誰かの介助無しには生活できないが、根っからの病院嫌いが元で、「ボラ」と呼ぶ多くのボランティアに身の回りの世話をさせて生活していた。単に介助されるだけでなく、常にわがまま放題な指令を飛ばしてくる鹿野に、彼氏についてきただけの美咲は当初反感を抱く。しかしながら、気付けば美咲は鹿野のボランティアにのめり込んでいき、反対に田中は自分の医師としての素質に疑問を抱くようになっていったのだった。ふたりが鹿野を挟んですれ違っていく中、突然鹿野が倒れて生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされ……

続きを読む

遅ればせながら、NT Liveの『フランケンシュタイン』を観た(BC怪物版)

イギリス文化の書籍を数多く執筆・翻訳されている村上リコさんのツイートで、この話を知った。色々あってうかうかしていたらカンバーバッチ怪物版の配信最終日になっていて、慌てて夜に配信を観た……そういう話である。

 

 

カンバーバッチとミラーが役柄を交換して主演

今回配信された『フランケンシュタイン』は、ナショナル・シアター・ライヴの中でも最も良く知られた作品のひとつだ。前年に『SHERLOCK/シャーロック』を鮮烈に送り出したベネディクト・カンバーバッチと、『トレインスポッティング』シリーズで知られる*1ジョニー・リー・ミラーが、互いにフランケンシュタイン博士と彼の創り出した怪物を演じた作品である。上演は調べたところロイヤル・ナショナル・シアターで2011年に行われたようだが、翌年にはミラー主演の『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』がスタートしており(この作品でミラーはホームズを演じている)、さながらホームズ役対決となったことでも有名だ。

SHERLOCK/シャーロック シーズン1 Vol.1(字幕版)

SHERLOCK/シャーロック シーズン1 Vol.1(字幕版)

  • 発売日: 2016/02/22
  • メディア: Prime Video
 

 

*1:勿論ミラーの代表作は他にもあるが、後述する通りダニー・ボイル作品なので、これを挙げるのが正しいと思う

続きを読む

12人の優しい日本人、リモート配信 - 前編終了時点での雑記

12人の優しい日本人』という三谷幸喜の作品がある。言わずと知れた名作、『12人の怒れる男』の舞台を日本に移し、もしも日本に陪審員制度があったなら、という過程で紡がれる舞台劇だ。三谷がこの作品を世に送り出してから30年あまり、この作品がZoomを使ったリモート本読みという形で帰ってきた。

 

  • 今日、この時代にリモート再演
  • メンバーは出来る限り初演通りで
  • 三谷本人も登場、伊藤俊人に言及
  • 特に挙げるとすれば彼だろうか
  • 後編は18時より
  • 【投稿後追記】後編について

 

今日、この時代にリモート再演

発起人となったのは近藤芳正東京サンシャインボーイズの正規メンバーでこそないが、舞台、映画、ドラマを問わず三谷作品に出演し続けた人物である。何なら昔三谷が書いた本では(何となく当たりは付けられるが、どの本だったかは失念してしまった)、「近藤さんは毎回本当に呼んでないのに来る」とまで言われていたくらいの客演歴である*1。そんな近藤が、『12人の優しい日本人』を今だからこそ観たい、というような意見を身近で聞いて、じゃあやってみようじゃないか、と集めたのが今回のメンバーである。

12nin-online.jimdofree.com

メンバーは出来る限り初演通りで

配役は東京サンシャインボーイズで初演された時のメンバーをなるだけ集め、それ以外にはここ数年三谷作品の常連である吉田羊、近藤の親しいPrayers Studioの劇団員ふたり (妻鹿ありかと渡部朋彦) をキャスティングした(と前説で近藤が言っていた)。甲本雅裕相島一之小林隆阿南健治梶原善、西村まさ彦(旧芸名:西村雅彦)、宮地雅子、小原雅人と、サンシャインボーイズのメンバーが並ぶ*2。どの誰をとっても、三谷作品で見せた役柄が色々と浮かぶほど、三谷の勝手知ったるメンバーである。野仲イサオ(旧芸名:野仲功)は、サンシャインボーイズのメンバーではないが、舞台作品に何度も客演していた人物だ。今回演じる11号も、初演時に自ら演じた役であり、近藤と同じく「サンシャインボーイズではないが準劇団員のような存在」としてよいだろう*3

 

※ちなみに、近藤芳正は実は初演メンバーではない。近藤はかつて6号を舞台で演じたことがあるが、この6号を初演で演じたのは何を隠そう脚本を執筆した三谷自身であった。

 

三谷本人も登場、伊藤俊人に言及

*1:とはいえ、三谷幸喜は当て書きで大変有名な人物なので、呼んでないのにというのは言葉の綾だろう……

*2:個人的には宮地雅子が大好きなのでとても嬉しい

*3:この枠組みの中に入る人物としては他にも白井晃がいる。白井は『オケピ!』再演で主演。

オケピ! The Orchestra Pit 2003 (PARCO劇場DVD)

オケピ! The Orchestra Pit 2003 (PARCO劇場DVD)

  • 作者:三谷幸喜
  • 発売日: 2003/12/01
  • メディア:
 

続きを読む

出前はね ピザがいいねと言ったから 今日はふたりの お好み窯焼き記念日(字余り)

すっ………… 今日も今日とてこのおじさんたちです。

mice-cinemanami.hatenablog.com

先日、出前館とタイアップしたダウンタウンの浜ちゃんが、吉本芸人に出前館での出前代を負担したるわ、という大宣伝を打ち出した(YouTube)。早速後輩芸人たちがこぞって出前を頼み、自身のTwitterなどで実際に頼んだ食事の動画を公開している。勿論我らが(?)すゑひろがりずも、ご多分に漏れず出前を注文している。

prtimes.jp

  • 南條さんの場合
  • 三島さんの場合
  • 気付いてしまった
  • 珍しいことまで生まれてしまった
  • みんな、局番観ようぜ
  • 局番以外でもすゑひろがりず動画が供給されてるよ

 

南條さんの場合

頼んだのはマルゲリータピザ。元バイト先というとこがめちゃめちゃほっこりエピソードである。商売道具の小鼓もちょいちょい使っていって芸が細かい。「おマルのゲリータ」だけアウトだけど*1

 

三島さんの場合

勿論三島さんだってちゃんと頼んでるよ。割と普通のテンションで食べた南條さんに比べて、普段の狂言風漫才のテイストが強め。いや三島さんが美味しいもの食べてる絵、めっちゃいいな……

*1:これは最初に再生した時「どうしてそうなった……?」って思った。

続きを読む

「能」が強すぎて全てを引っ張っていく回 - 200118滑狼解説記事

わたしは本来これが書きたかった。

前回の記事に引き続きすゑひろがりずのお話である。本来この記事をこちゃこちゃと書き始めたのは、今から紹介する動画にウケた故だったのだが、前回の記事が長くなりすぎてここまで解説する紙幅が無くなってしまった。

mice-cinemanami.hatenablog.com - お題「#おうち時間」 / 今週のお題「ゲーム」

 

今回ご紹介するのは、よしもと∞ホールの公式アカウントで期間限定公開されている『疑心暗鬼大喜利バトル~滑狼~ヤングゲート』(2020年1月18日収録)である。若手芸人10名を集め、人狼大喜利を組み合わせたゲーム・滑狼(すべろう)が開催された。このゲームでは、絶対滑る回答が滑狼に渡されており、毎日の会議で怪しい者を追放していくのだが……偶然に偶然が重なり、すゑひろがりずのおふたりが場を全て持っていく神回となったのであった。

www.youtube.com - 映像はこちらから

  • 出演者はこちら
  • 1日目朝:誰も何も知らなかった
  • ここで人狼と滑狼のルールを確認しよう
  • 1日目夜:役割の開示
    • 滑狼を起こす
    • 大御所を起こす
    • 残りの役職芸人
  • 2日目朝:滑り回避カードでコンビ芸人瓦解?
  • 2日目夜
    • 大御所から起こされる
    • 滑狼を起こす:相方故の気付き
    • 占い師を起こす:神がかった推理能力
  • 3日目朝:どんどん場を持っていく三島さん
    • 疑念で紛糾する議論
  • 3日目夜:人狼を理解していないすゑひろがりず
    • どうしても推理を言いたい大御所
    • 滑狼を起こす:こっちも人狼が分かってない
  • 4日目朝:「これにて一件落着」の舞
  • 敗因:ピュア過ぎる三島さん

 

出演者はこちら

MCはニブンノゴ!の森本さん。出演したのは以下の御仁(敬称略)。コンビなどで出ている方もいるので、分かりやすいように席番号も振ってみた。

以下大喜利回答はこの番号で整理していきます。なお全ネタバレ/文字起こしははてなブログの規約に反するため、大喜利回答や夜の会議はかいつまみでご紹介します。

続きを読む
Live Moon ブログパーツ