ちいさなねずみが映画を語る

すきなものを好きなだけ、観たものを観ただけ—

罪を持った者たちの中で絡みつく戯曲たち - 映画『ドライブ・マイ・カー』

【断り書き】この記事はネタバレ考察記事です。

カンヌ国際映画祭脚本賞などに輝いた濱口竜介監督の『ドライブ・マイ・カー』"Drive My Car"('21)を観てきた。村上春樹の同名小説が原作で、実際観に行く前に文庫本も仕入れたが、3時間の大作に対して原作は短編集の一作に過ぎないという点から、全く違うものなのだろうと思って敢えてシャットアウトして観に行った。この記事でも当然のように原作小説には触れないつもりだ。忙しさにかまけて読まずにいるので、そのうち気が向いたら別の記事を出そうと思う。

www.youtube.com

  • 追求され続ける「罪からの救済」
  • 救う人、ソーニャ
  • 加えて絡みつく音の脚本たち
  • くっきりと強調された音の美しさ
  • 音にも越えられなかった壁を越えたみさき
  • おしまい

 

追求され続ける「罪からの救済」

突然妻を失った主人公が、自らの車を他人に運転させてこれまでの人生を見つめ直す。この筋書きから言えば、恐らくはロードムービーというくくりになるのだろうが、『ドライブ・マイ・カー』はその枠組みには収まりきらない異質な作品だ。カンヌ国際映画祭でエキュメニカル審査員賞を獲得した時、キリスト教的救済を重視するこの賞に選出されるだけの要素があることは分かったが*1、この作品には性だとか怒りだとか、もっと原始的な欲望がどろどろと渦巻いている。長旅を通じて人生を振り返っていくというのが一般的なロードムービーの作られ方であるにもかかわらず、この作品で一番長い旅は第2幕と第3幕(後述)の間にさらっと挟まっていて、旅路で振り返られるのはチャラ男の不祥事である。第1部でも家福は車を走らせているものの、このシークエンスでは寧ろ夫妻の情事の方がメインに据えられている。どうも人生を振り返るというのは二の次だ。

 

自らの人生を振り返り、前向きに生きていく糧にするのが多くのロードムービーである中、この作品では様々な人物の罪がクロースアップされていき、救われない家福とみさきがひたすらに救いを求める、という構図になっている。冒頭何の接点もないように見えるふたりだが、実はどちらも罪を目の前に見逃したという過去を持っていた。家福は偶然妻の浮気を目撃するが、その事実を胸にしまい、自分自身の「罪」のせいだと*2納得させる。みさきの過去にも悔恨の念があることが分かって、家福の赤い車で過ごす時間は、似たもの同士何かを探している時間なのだと思わされる。

 

「罪からの救済」というテーマが横たわる中、家福とみさきがそれを追い求める人ならば、他の重要人物にもまた意味合いが与えられている。家福の妻・音には罪の告白というモチーフが重ねられているが、物語上それに気付くのは夫である家福のみである。第1部で顔を出した後第2部の主要人物となる高槻には、我々の中にある罪を自覚させるという大きな役割がある。そして、パク・ユリム演じるユナ、もとい『ワーニャ伯父さん』のソーニャには、救済というこの作品で一番の役割が与えられているのである。

 

*1:過去の受賞作にはテレンス・マリック復帰作でナチス・ドイツ時代に殉教したいち農夫を描いた『名もなき生涯』"A Hidden Life"や、余命宣告を受けた同性愛者の男性が家族に自分の人生を打ち明けるべきか葛藤するグザヴィエ・ドランの『たかが世界の終わり』"Juste la fin du monde"などがある☞

*2:ふたりの娘に関する事柄がどうも古傷になっているようだ

続きを読む

ユーナ・スタッブスが亡くなりました

ユーナ・スタッブス(Una Stubbs)がエディンバラの自宅でひっそりと亡くなりました。84歳でした。元々はシットコムで人気を博した女優でしたが、近年では専ら『SHERLOCK』に登場するお茶目な大家・ハドスン夫人役で知られていました。彼女の演じたハドスン夫人に敬意を表してこの記事を贈ります。

www.bbc.com

  • 8月13日の朝
  • 元々は人気シットコムの出演者
  • 「お手伝いさんではな」かったけれど、間違いなくお母さんでした
  • おしまいに

 

8月13日の朝

8月13日の朝、ふとInstagramを開いたところ、ルイーズ・ブリーリーによるスタッブスの美しいモノクロ写真が載せられていました。元々ブリーリーはセットでモノクロ写真を撮ってはInstagramに挙げていたので、その中のひとつだったのだとは思いますが、一瞬で彼女が亡くなったことを悟りました。英語圏でモノクロの写真を挙げることはその人への追悼を意味する行為だからです。

www.instagram.com - ブリーリーの美文は後から紹介します

今でも続編が強く望まれている『SHERLOCK』ですが、あそこまでダークにしてしまったのならもう救いようはなく、おまけにこの作品をきっかけに売れっ子となったキャスト陣のスケジュール問題も大きくて、製作の話はさっぱり聞こえてきません。おまけにシリーズ唯一の良心(?)だったハドスン夫人役のスタッブスもこの世を去ってしまったとあれば、ますます続編の製作は難しいのかもしれません。

 

元々は人気シットコムの出演者

www.youtube.com - 最後が本当にずるいですね(大好きです)

スタッブスは元々 "Till Death Us Do Part"*1という人気シットコムで、主人公のとんだ偏屈親父の娘・リタを演じていました。1965年から1975年まで約10年続いたシリーズにおいて、主要キャラクターのひとりだったこの役は大変人気を博し、別のシリーズでもリタ役を演じるほどでした。1979年から1981年にかけては、子ども向けシリーズ『ウォーゼル・ガミッジ』"Worzel Gummidge" でサリーおばさん役を演じ、ジョン・パートウィー演じる主人公と渡り合いました*2。パートウィーはイギリスが誇るご長寿番組『ドクター・フー』の3代目ドクターなので、若き日のモファティス*3がこの番組を見ていたことは想像に難くありません。スティーヴン・モファットは1961年生まれ、マーク・ゲイティスは1966年生まれですから、スタッブスはふたりにとってハドスン夫人のような存在だったのかもしれません。彼女がちょい役のように見えてすこぶる重要なこの役に選ばれたのも、そういう事情があったのかしら。

 

「お手伝いさんではな」かったけれど、間違いなくお母さんでした

 彼女のキャリアで捨てては置けないのが、2011年から放送されているBBCの大人気ドラマ『SHERLOCK』です。シャーロック・ホームズ物語を21世紀のロンドンに置き換えたこのドラマで、スタッブスはベーカー街221Bの大家・ハドスン夫人役を演じました。思い込みが激しくてシャーロックとジョンのことはずっとゲイカップルだと思っているけれどとってもチャーミングで、その上シリーズが進むとよく分からない恐ろしい過去が一枚ずつ玉ねぎの皮を剥くように判明するというキャラクターです。

via GIPHY

 

*1:本来は『死がふたりを分かつまで』という成語です

*2:因みにこの番組には我らがパイソンズのジョン・クリーズと結婚していたコニー・ブースも出演しています

*3:モファティスはふたりとも筋金入りのDWオタクとして知られています

続きを読む

はしご映画してきました - 映画『スーパーノヴァ』『17歳の瞳に映る世界』

4連休、上手いこと上映スケジュールの時間が合ったので、はしご映画してきた。1作目はコリン・ファーススタンリー・トゥッチが大絶賛されていた『スーパーノヴァ』。もう1作はベルリン国際映画祭銀熊賞に輝いた『17歳の瞳に映る世界』*1。どちらも前々から気になっていた作品だったが、この2作を今観られて有意義な休日だった。

 

淡々としたロードムービー:映画『スーパーノヴァ』"Supernova"

日本版予告編が出る前、製作情報の段階から注視していた作品。コリン・ファーススタンリー・トゥッチが20年以上連れ添ったカップルを演じ、トゥッチ演じるタスカーに襲いかかった認知症という試練に立ち向かうという作品だ。どちらかというと先日観てきた『ファーザー』のようなものを想像していたが、寧ろ淡々としたロードムービーであった。

www.youtube.com

描いたものは普遍的な愛

この作品のあらすじについて多くを語るとネタバレになってしまうので、あまり突っ込んだことは書かないが、イギリス的な作品だけあって、サム(演:コリン・ファース)とタスカー(演:スタンリー・トゥッチ)がただ同性であっただけのカップル、というところに落ち着いているのがよい。こういう書き方をすると大分語弊があるが、何というか、このふたりが女性同士であっても、はたまた男女カップルであっても、きっとラストの展開は同じものになるのではないかと思わされた。この作品で描かれているのは普遍的な愛なのだ。勿論タスカーが途中で吐き捨てるように、サッチャー時代を含めて、同性カップルには様々な障壁があったはずである。でも、このふたりはそんなことは乗り越えて20数年を過ごし、最早人生の最終盤に入っている。だからこそ普遍的な物語に落ち着く。

www.cinemacafe.net - 監督もそういうことを喋っている

実際に尊敬し合う名優の共演

ファースとトゥッチは元々長年の友人関係にある。今回のキャスティングも、トゥッチが自らファースに脚本を(勝手に)渡して実現したものなのだそう。勿論お互いの演技力には尊敬を重ねており、サムとタスカーの関係にもそれが投影されているように感じる。元々トゥッチはサム役の方に選ばれていたというが、ジョーク好きでちょっぴり気難しいタスカーと、認知症になっても優しくそばで支えるサムを考えると、やはり逆転させてよかったではないかと思う。実はトゥッチは最初の妻を乳癌で亡くしており、そういう体験もタスカー役に盛り込まれているようだ(公式サイトより)*2

 

物語の終盤、タスカーが下していた決断は、インテリ階層の認知症患者なら考えがちなものだと思う。ものを紡ぐことが仕事だったタスカーにとって、認知症というのはあまりに酷な結末だ。(実際パイソンズのテリーJが亡くなったときも同じようなことを書いている) それをそっと支えるサムが、朴訥でどこか優しさのあるエルガーの『愛の挨拶』を弾くのは憎い演出だ。実はあの曲は本来もっともっと速いテンポで演奏される。それをファースが一生懸命不器用に弾く様は、タスカーへの思いを表現しているようで、逆に胸を打つのである。

mice-cinemanami.hatenablog.com

——既に海外版サントラは出ているようですね……

 

映画『17歳の瞳に映る世界』

もう1本観たのは『17歳の瞳に映る世界』"Never Rarely Sometimes Always"('20)。ペンシルベニア州に住む女子高生が予期せぬ妊娠に直面し、中絶のためニューヨークへ向かうという、これまたロードムービー的側面のある作品だ。この作品は原題の意味丸潰しな邦題でどきどきしてしまうのだが、原題が登場するのは中盤の1回のみなので、分かりやすい邦題でよいのかもしれない。

www.youtube.com

中絶は悪なのか、女性の権利なのか

この作品で描かれているのは、アメリカ合衆国を分断する「プロライフ」「プロチョイス」の視点だ。前者は胎児の命を尊んで中絶を悪とし、後者は望まない妊娠に対する中絶手術を女性の人権のひとつとして推し進めようとしている。オータムが最初に行くセンターは前者で、NYに着いた彼女とスカイラーが逃げるように滑り込むのは後者の団体だ。frauの記事がよくまとまっていた。

gendai.ismedia.jp

プロライフとプロチョイスの対立を前にして筆者が思い出すのは、パイソンズが『人生狂騒曲』で披露した "Every Sperm is Sacred" である。「全ての精子は尊きもの」とでも訳せるこの曲は、キリスト教、中でもとりわけカトリックが、自慰と避妊を容認しないことを痛烈に皮肉ったものだ。そのため、ペイリンとテリーJが演じる夫婦は、28人も子どもがいて貧困に喘いでいるのである*3。"Every Sperm is Sacred" というタイトルも、"Every Thing is Sacred" という賛美歌があるのをおちょくっている。なお、パイソンズのお膝元であるイギリスはプロテスタントの国なので(ヘンリー8世のせいで!)、避妊に関してはわりかし肝要な宗派である*4

www.youtube.com

NYに辿り着いたオータムは、地元のセンターで聞かされた診断が2ヶ月以上も狂っていたことを知らされ動揺する。地元のセンターの医師はおばあちゃん先生なので、単なる誤診と見ることもできるが、プロライフの団体だったことを考えると、中絶ができない週数に持ち込むため、わざと少なめに週数を告知したとも考えられるだろう。FRaUの記事で触れられていたように、日本より女性の権利が進んでいると言われるアメリカにおいても、宗教絡みで日本よりもはるかに遅れた側面があるのだ。母体保護法は色々と手落ちがあると言われるけれど、プロライフとプロチョイスの対立に巻き込まれるよりは余程ましだと思う。

 

「女性だから」に直面するし、利用もする

作中、実にさりげなく、「女性だから」直面する厄介事がインサートされていく。例えば振られたオータムが文化祭で心の内を歌にすれば「雌犬!」と罵られる。これはまだ分かりやすい方だ。オータムとスカイラーが働くスーパーの店長は売り上げを提出するふたりの手に思いっきりセクハラなキスをする。美人のスカイラーがバスでやたらちょっかいをかけられるのだってそうだ。あとは生理が来るのだって「女性だから」だし鬱陶しい。生理痛の酷いスカイラーが毎回鎮痛剤を一瓶空けるのは実にアメリカらしいけれど*5

 

後半にかけてオータムとスカイラーはその「女性だから」をどんどん利用していく。セクハラ店長にむかつくので売り上げをくすねてNYへの旅費にする。お金が無くなればスカイラーが言い寄ってきた男から金を巻き上げる(返すとは言っているが)。

そして1番見事な演出だなと思ったのは、中絶手術1日目のオータムが、トイレでナプキンに付いた血を見る瞬間だ。女性にとって月経はいつでもめんどくさいものだけど、あの瞬間オータムは、中絶に成功したのだと思ってほっとしたはずだ。普段と違う意味で見るナプキンの血。ほんの少しのカットだけれどよく考えられている。

 

この作品は予期せぬ妊娠をした高校生がいとことNYまで中絶に行くという、まあそれだけの筋書きだ。しかしながら、そこに女性が向き合う言われなき困難を上手く織り交ぜている。小粒だがきりりと光る作品だなと思った。映画館で観られてとてもよかった。

 

おしまい

スーパーノヴァ』はギャガ配給で2021年7月1日公開。『17歳の瞳に映る世界』はビターズ・エンドとパルコ配給で2021年7月16日公開。どちらもまだまだ公開中、はたまたこれから公開だと思うので、是非映画館へ足を運んでほしい。図らずもロードムービーをふたつ重ねて観ることになった。忙しさにかまけてあまり映画を観ていなかったけれど、旧作・新作両方含めてもっと観るようにしようかなと思う。

 

関連:スーパーノヴァ / コリン・ファース / スタンリー・トゥッチ / 17歳の瞳に映る世界 / トニー・フラナガン / タリア・ライダー / エリザ・ヒットマン

*1:この作品は2020年のベルリン国際映画祭銀熊賞作品。2021年は濱口竜介監督の『偶然と想像』が受賞している

*2:因みに現在の妻はエミリー・ブラントの紹介で出会った彼女の姉である☞

mice-cinemanami.hatenablog.com

*3:自慰も避妊も容認されないので、性欲を満たすにはセックスをして、結果妊娠するので子だくさんになるというわけ

*4:スケッチの直後に出てくるアイドルとチャップマンの夫妻はプロテスタントだ。ふたりは避妊はしっかりする代わりに、セックスの回数も少なくて、子どもの人数分しかやったことがないというとんだ打率を持っているらしい(?)。

*5:アメリカ人の鎮痛剤の使用量は異常なほどで、逆に日本人は我慢しすぎと言われるくらい使わない

東京編スタート:杜の都から『 #おかえりモネ 』を語る - 第10週

遂に宮城編が完結した『おかえりモネ』。モネの活動の場は東京へ移り、気象予報士を目指したきっかけである朝岡との仕事を夢見るのでした……

mice-cinemanami.hatenablog.com

 

 

 

遂にモネは東京へ

 

第10週『気象予報は誰のため?』に至り、モネの活動の場は遂に東京へ移りました。下宿屋の女将としてマイコが登場し、彼女が大好きな筆者はわくわくです。彼女の登場は井上真央と共演した『おひさま』以来10年ぶりなんですね!(そして清原果耶とは『透明なゆりかご』で共演していたそうです)

mantan-web.jp

マイコ演じる菜津にも呆れられた通り(笑)、モネは就職先を決めずに突然東京にやってきました。仙台経由で東京入りすると隅田川沿いにスカイツリーが見えるのが印象的ですが、モネはわざわざ観光船に乗って船から見上げていました。きっと水のイメージと重ね合わせたかったのでしょうね。

 

朝岡の会社 Weather Expertsの面接に向かったモネは、そのままピンチヒッターで報道番組のバックアップに入ることになってしまいました。コサメちゃんと傘イルカくんを持って見切れる社長の井上順可愛い。(?)

生放送なので急なニュースが入って内容が差し替わるのもざら。今田美桜演じる神野さんが女子とは思えない雄叫びを上げるのも見どころです(?)。

 

ところで今週のミソとなった「仙台の強風」ですが、仙台市民からすると、え、あんなん当たり前でしょ? という感じです(笑)。何なら筆者の友人には「仙台は風が強すぎるのでスカートを履いてはいけません」と言われている人すらいました。謎すぎるけど。

宮城県、それも仙台市の辺りは、奥羽山脈の東側に広い平野が広がる地形です(仙台平野と言います)。関東以南にいわゆる「春一番」が吹く頃、仙台でも同じく強風が吹き荒れます。確かにこの時期よく強風注意報・暴風警報が出ていますが、そういうものなので、あんまりみんな気にしていません。せいぜい屋内に引きこもって静かにしている程度です。それにしても、モネは海沿いの気仙沼、山沿いの登米と生活してきたのに、まるで地形が違う仙台のことまでよく知ってることだ……

仙台は結構全国放送ではぞんざいに扱われがちなので(何なら日テレとか社屋が伊達藩の上屋敷跡の癖に云々かんぬん)、あんなに丁寧に扱ってくれるWeather Expertsの皆さんすごい!(笑)

 

おしまい!

何だか感動的に中身の無い記事を書いてしまいましたが、これからモネは東京で奮闘の日々に入ります。どうやら「1300万人の東京で巡り会えるなんて思わないでください」と言い放っていた塩対応の菅波先生も大分近くにいるようです(笑)。ここからは登米の自然ではなく気象が中心の話となるでしょうか? 楽しみですね!

 

関連:おかえりモネ / 清原果耶

パイソンズに石を投げた者だけがラーメンズに石を投げなさい

ブログを書こうとしていたら小林賢太郎東京五輪開閉会式のショーディレクターから解任されていた。リハーサルも済んでいるのに、前日に解任してどうなるのかという気はするが(演出総取っ替えなどできないし)、首を切っておかねばということなのだろう。サイモン・ウィーゼンタール・センター;SWCから厳重な抗議も来ていたようだし、しょうがないと言えばしょうがない。因みにSWCはこういう話にとても敏感な団体だ*1

 

この件について口を噤んでいる気だったが、どうしてもこれだけは呟かずにいられなかった。パイソンズに石を投げた者だけがラーメンズに石を投げなさい。

 

 

ロンドンの感動を東京で

東京でオリンピックが開かれると決まった時、2012年のロンドン五輪開閉会式に感動したブリッツマニアとして、あの感動が東京でも観られるのかとわくわくしたものだった。東京五輪も当初はショーディレクターに野村萬斎の名前が挙がっていたし(その後延期に伴って退任)、2016年・リオ五輪時の引継式でも、中田ヤスタカ椎名林檎が見事なパフォーマンスを作り上げたので、期待は十分だったわけである。

 

五輪の開閉会式はその国のカルチャーを発信する一大イベントだが、その中でもロンドンのものは白眉であった。産業革命に始まるイギリスの工業史、ブリットポップに代表されるイギリスの文化的側面、そして今でも次々と「英国俳優」を送り出す源となっている豊かな舞台産業。開会式では『スラムドッグ$ミリオネア』や『トレインスポッティング』で知られるダニー・ボイルが指揮を執ったことでも有名である。

 

www.youtube.com - YouTubeに飛ぶと全編観られます

サー・ケネスの場合

そんなロンドン五輪の開会式には、シェイクスピアの『テンペスト』から一節を引いて、"The Isles of Wonder"(不思議の島々)というタイトルが与えられていた。開会式のテーマにもなった『テンペスト』の一節を朗読する任を与えられたのが、イギリスが誇る舞台俳優の要、サー・ケネス・ブラナーである。日本では『ハリー・ポッター』シリーズのロックハート先生で広く知られる彼だが、本来は英国の舞台演劇において、特にシェイクスピア劇を得意とする俳優である。その活動はイギリスに留まらず、近年では自ら監督・主演するポワロシリーズの映像化にも主体的に取り組んでいる。この開会式では、イギリス鉄道の父イザムバード・ブルネルに扮し、イギリスが誇る作曲家・エルガーの『ニムロッド』を背景に朗々とした朗読を見せたのだった*2

www.youtube.com

というわけでサー・ケネスと言えばイギリスが誇る名優のひとりなのだが、エマ・トンプソンと結婚していたその昔(トンプソンも名優で今やデイムである)*3、ヘレナ・ボナム=カーターとの浮気が発覚して離婚したという話は大変有名だ。勿論、私生活と俳優としての力量とが十分切り離されているからこそこのキャリアがあるわけだが、清廉潔白な人などどこにもいないと思わされる。

 

エリック・アイドルの場合

もうひとつ大変有名なのが、閉会式に登場して "Always Look on the Bright Side of Life" を歌って去って行ったエリック・アイドルだ。こちらはサー・ケネスの比ではない。

www.youtube.com - これもYouTubeで再生してください

www.youtube.com

モンティ・パイソンはイギリスが誇るインテリコメディ集団である。しかしながら、そのネタはいつもエログロ差別の塊で、良くも悪くもどぎついブラックジョークが大好きなイギリスらしい。本放送されていたのは50年ほど前だし、一応第2放送(BBC Two)ではあるが、よく公共放送BBCであんなものを放送していたと思うレベルだ。ドリフターズだって日本を代表するコント集団だし、放送当時はPTAからクレームの嵐だったというけれど、パイソンズはそこに何倍もの頭の良さが加わってしまっているので余計タチが悪い(笑)。メンバー全員が70歳を超えた今でも彼らの舌禍(?)は収まるところを知らず、「パイソンズ唯一の良心」と言われたペイリン以外の3人が*4、今でも定期的に燃えているのもご愛敬である。

mice-cinemanami.hatenablog.com - 今でも定期的に燃えるテリーGおじちゃん

 

閉会式のこのシークエンスは、人間大砲として発射される宇宙飛行士(?)が、イギリス史を振り返る格好をした人々と握手していくところから始まる(後ろの曲はELOの"Mr. Blue Sky"だ)。しかしながらこの人間大砲は見事に失敗し、人々はあーあとため息をつく。そして、発射され損ねた宇宙飛行士が下から這い上がってくるとエリック・アイドルに変わっており*5、パイソンズ一成功した曲 "Always Look on the Bright Side of Life" を歌うという算段だ*6

アイドルの登場とイントロだけで会場中が大合唱した通り、この曲はイギリス国民に広く染みついた曲だ。原題は直訳すれば「人生の明るい方でも見て生きようぜ」となるが、フォークランド紛争でアルゼンチン軍に攻撃された軍艦が沈みゆく時に、乗組員が大合唱したことでも知られる曲で、イギリス人は逆境に陥ればすぐこの曲を思い出す。またサッカーの応援にも使われていて、つまりはイギリス人なら誰でも歌える曲なのだ。

 

この曲が初めて世に出されたのは、パイソンズの映画第3弾『ライフ・オブ・ブライアン』のエンドロールだ。ゴルゴタの丘なのかどこなのか分からないところで、ふんどしだけにされた男が30人ほど磔にされている。その中でアイドル演じるお調子者が呑気に歌い出すのがこの曲なのだ。何とも酷い状況である。何なら「人生はクソ、人生は笑いもので死なんてジョーク」とか歌っている有様だ。

"[Verse 3]
Life's a piece of shit (Oooh)
When you look at it
Life's a laugh and death's a joke, it's true (Oooh)" - via genius.com

 

ロンドン五輪閉会式では、アイドルがこの曲を歌う背景で、パイソンズのスケッチ(コントのこと)に因んだ演出が成されている。アイドルの後ろに控えている羽根の天使たちは、多分『人生狂騒曲』ラストシーンのオマージュだ。因みにパイソン作品は女性の描き方が著しく酷いことで有名である。唯一の女性レギュラーだったキャロル・クリーヴランドは、いつもぞんざいに扱われては「これが唯一の台詞なのに!」"It's my only line!"と絶叫していた。映画第4作の『人生狂騒曲』では、避妊と中絶は悪だと説くカトリックを揶揄して、"Every Sperm Is Sacred"という狂った曲を歌い踊っている(しかも書いたのはパイソンズの良心ペイリンとそのスケッチメイト・テリーJだ)。そのシーンを思い起こさせるように、後ろにはスケート靴を履いた尼僧たちが映っている。インド風の踊りが入ってアイドルが困惑するシーンがあるが、パイソンズには中国人を揶揄した "I Like Chinese" という曲、アラブ人を揶揄した曲 "Never Be Rude to an Arab"もあり、テレビの本放送時代なら、ここでインド人を揶揄するネタをやるところだと思わされずにはいられない(インドはかつてイギリスの植民地だったので)。よくよく見ればパイソンズの有名なスケッチ「まさかの時のスペイン宗教裁判!」"Nobody expects Spanish inquisition!" を思わせる人々もいるし、多様な人々を並べているようで、実はパイソンズのスケッチを思い起こさせているのだ。

 

ここまで少し批判的な感じでパイソンズのネタを紹介してきたが、実は筆者は筋金入りのパイソニアンだ(これまでのブログを読んできた人にはお分かりだと思うが)。どれも酷いネタばかりだし、今なら許されないネタばかりだが(何なら放送当時もあんまり許されていなくて、途中からBBCの検閲と大バトルを繰り広げていたのは有名な話だ)、それでもパイソンズのネタは底抜けに面白くて、どきっとするブラックジョークがふんだんに含まれている。彼らのネタを見ていて思うのは、人間誰しもどこかに差別心を持っていて、誰かを揶揄したい気持ちを抱えているという醜さである。パイソンズは宗教、特にキリスト教を散々ネタにしてきたが(その真骨頂がアイドルが名曲を産んだ映画『ライフ・オブ・ブライアン』である)、それは数多の宗教が説く綺麗事に辟易した彼らなりの皮肉なのだ。誰の心にも闇は潜んでいる。石を投げるのは簡単だが、自分が石を投げられる側になる可能性だって否定は出来ない。

 

パイソンズに石を投げた者だけがラーメンズに石を投げなさい

そこで冒頭の話に戻る。パイソンズに石を投げた者だけがラーメンズに石を投げなさい。今回問題になったのは、ラーメンズが1998年に発表したコントの一節だ。当時のテレビは今より何倍も不謹慎だったし、ラーメンズはそういう不条理ネタが大得意なユニットだった。そのくらい前を振り返ってみれば、バカリズムは今の何倍も尖っていたし、今や好感度芸人のひとりである大吉先生は謹慎を食らってインドに謎の旅行に出ていた。芸風やキャリア、そして時代の流れも全く考慮に入れずに、ただ不謹慎だと批判するのは片手落ちだ。今や笑えないネタは沢山あるが、どぎついからこそウケるものもあるのは残念なことにれっきとした事実だ。だって人間の心の中には差別心があるのだから。

9年前、アイドルが颯爽とロンドンのスタジアムに現れた時、パイソンズのネタはあんなに不謹慎だったからけしからん、と思った人もいたにはいたと思う。しかしながら実際には、会場中から "Always Look on the Bright Side of Life" が聞こえてきて大合唱になった。やはりこれはこれ、それはそれなのである。

 

同時に辞任騒ぎがあったCorneliusのことを擁護する気は全くない。いじめの首謀者だったことを嬉々として語るのはまた別の話だと思うからだ。でも小林賢太郎の件では少し違ったものを思っている。今は何でも過去のものをほじくり出される時代ではあるが、そんなに清廉潔白を求めても、きっとどこにもないと諦めているからだ。それをどぎつく伝えてきたパイソンズに、9年前のあなたは石を投げるだろうか? あなたに石を投げられる清廉潔白さがあるのならば、どうぞ石を投げなさい*7。わたしにはそんなことは到底できないと思っている。

 

……でも正直なところ、萬斎と林檎嬢によるショーが観たくなかったと言ったら嘘になるなあ……

 

関連:TOKYO2020 / 東京オリンピック / 小林賢太郎 / ラーメンズ / モンティ・パイソン / パイソンズ

*1:かつて高須クリニック高須克弥ホロコーストを"denial"した時も抗議文を出していたあの団体だ。勿論あの”denial”は『否定と肯定』を観た身では看過できないが☞

*2:因みに筆者は『ニムロッド』が大好き過ぎるので聞くと泣く(どうでもいい)。

*3:最近で言うと『クルエラ』でバロネスを演じて「ふたりのエマ」対決していたのだった☞ 

mice-cinemanami.hatenablog.com

*4:ペイリンは本当にただのいい人で、彼がいなかったらこのグループはもっともっと早くに空中分解していたと思う。でも彼の書くネタもなかなか酷い時はある(『木こりの歌』とか)。

www.nicovideo.jp - 批判を見越して抗議文までネタにしちゃってるのは流石だね!

*5:この時日本で中継を担当していたNHKがアイドルを知らず、「パイソンズ? 誰それ?」という放送をしてプチ炎上したのも懐かしい

*6:ここでパイソンズの中からアイドルだけ出てくるのは、多分この時期『スパマロット』の訴訟問題で彼がすっからかんだったとか、この作品のせいでクリーズと大もめしていたとか、その他の人間性にかかわるところがありそうなのだが、そこはまあアイドルなのでしょうがない

*7:そう言えば『ライフ・オブ・ブライアン』には石投げのシーンがあったなあ

ふるさとと過去に訣別を - 杜の都から『 #おかえりモネ 』を語る - 第8・9週

相変わらずのんびり書いている『おかえりモネ』記事ですが、今回はまたちょっと違った理由でまとめてになりました。第8週では亜哉子の浮気疑惑から遂にあの人の話が展開し、第9週では3回目となるモネの気象予報士試験の結果が物語を揺さぶります。

mice-cinemanami.hatenablog.com

 

  • 第8週「それでも海は」
    • 遂にこの人が物語の主役に
    • もう戻れない過去
  • 第9週「雨のち旅立ち」
  • おしまい!

 

第8週「それでも海は」

3度目の気象予報士試験に本腰を入れて準備するため、モネ(演:清原果耶)は帰省がてら亀島に戻ってきます。そこで妹・みーちゃん(演:蒔田彩珠)*1から聞かされたのは、母・亜哉子(演:鈴木京香)が度々本土(気仙沼市内)に渡っていて、浮気をしているのではないかという島中の噂話でした。とんでもない話に気象予報士試験の勉強どころではなくなったモネは、みーちゃんを誘って尾行の旅へ。さながら彼女はシャーロック・ホームズです。

——色々古臭いところもありますが、個人的には偕成社ホームズが結構好きです

 

*1:今調べたら蒔田さんの所属事務所はユマニテなんですね。かつてこの事務所の看板女優として引っ張っていた満島ひかりを思わせるところがあって素敵です。

続きを読む

どこを取っても魅力的なふたりのエマ - 映画『クルエラ』

ちょっと遅くなったが、映画『クルエラ』"Cruella"('21)を観てきた。ディズニー映画『101匹わんちゃん』に登場する悪役をタイトルロールに据え、その役にエマ・ストーンを持ってきた。元々ずる賢い悪役も大得意なエマ嬢なので、制作の噂を聞いたときから楽しみにしてきた一作だが、蓋を開ければどこを取っても魅力的なふたりのエマの応酬だった。

www.youtube.com

娯楽映画なのでネタバレは無しでいけるような気もするが、ここは一応ネタバレもあるかもしれない記事にしておく。

※ ネタバレあるかも! ネタバレあるかも! ネタバレあるかも! ※

 

 

悪役に魅力的なストーリーを与えるのこそ

あらすじを書いてもいいのだが、この作品は「隠された事実」のもつれた糸かせをディズニーばりに(いやディズニーなのだが)ほどいていくから面白いのであって、書き過ぎると本末転倒なので、今回の記事では敢えて省くことにする。

 

この作品は、ここ数年続くディズニーの実写映画化シリーズの新作だ。原作になったのは1961年の『101匹わんちゃん』だが、実はこの作品は既に2回実写化されており(『101』、『102』)、今回は3作目のスピンオフということになる。悪役にスポットを当てた実写作品という面では、アンジェリーナ・ジョリーが主演した『マレフィセント』('14)以来の作品だ。

 

マレフィセント』の時にも感じたが、ディズニーはヴィランを決してただの悪者にしておかない。どんな役にもとびきり魅力的なストーリーを用意して、悪役ですら愛すべき人物にしてしまうのがディズニーなのだ。『白雪姫』でりんご姫をいじめる継母は、世界一の美しさを求めるが故に歪んだ心になった人物だった。『リトル・マーメイド』のアーシュラは、アリエルの美しさと声を妬ましく思い、それを奪い取ってしまう女である。アニメ作品の悪役たちが軒並み、「ディズニー・ヴィラン」と呼ばれて愛されているというエピソードでもよく分かるだろう。

 

枠組み自体はアンジェリーナ・ジョリーがタイトルロールを演じた『マレフィセント』とさほど差はなかったと思う。主人公の知らない隠された過去がどんどんほぐれていき、ディズニー・ヴィランの人間的な魅力を引き出して、最後にはヴィランの虜にしてしまう。マレフィセントもクルエラも、アニメでは自分の利益に貪欲なとびきりの悪役として描かれているが、単なる悪役に留まらせない一面を実写で掘り下げていくのは如何にもディズニーといった手法だ。ディズニーはここのところ勧善懲悪というより「みんなにそれぞれ理由があるんだぜ」という物語を好んでいて、この作品もそういう「物語の捉え直し」という軸の上にあるんだなあと思わされずにはいられなかった。

 

しかしながら、これらふたつの作品は、ジョリーとストーンという「物言うプロデューサー女優」が一枚噛んでいるので、単なるガールズパワーという作品に収まっていないのがとてもよい。マレフィセントもクルエラもとびきりの悪役だが、たまたまワルが女性だっただけで、彼女たちはその特徴を活かすべくとびきりの衣装で悪事に繰り出す。今作ではファッショニスタの世界が舞台なので、着飾ることも物語の本筋に入っていて、そこも面白いポイントである。

 

ところでエマ嬢が製作総指揮に名を連ねていたのは当然だが(実際彼女は最近の出演作でわりかし製作に積極参加している)、もうひとりグレン・クローズが名を連ねていた。クローズと言えばアカデミー賞7度ノミネートの実力派女優だが、実は先述の実写版(『101』『102』)でクルエラを演じた女優でもあった。『メリー・ポピンズ』の時もそうだが、ディズニーはこういう過去作への密かなオマージュというのをきっちり盛り込んでくるなあと思う。

 

よくも悪くもディズニーらしい作品

先程筆が滑ってガールズパワーの話を書いたが、この話は良くも悪くもディズニーなので、話の流れがどこか現代のポリティカル・コレクトネス(political collectness)の中にあるような気がする。例えばアーティというキャラクターはディズニー実写では初のオープンリー・クィア*1なのだが、『美女と野獣』のル・フウの人物設定しかり*2、アーティしかり、ということで、両者は同じ話の流れにある。しかしながら、残念なことに舞台は1960年代〜70年代のイギリスだ。イギリス社会は今でこそLGBTQの人々に大変寛容だが、この頃は露骨にホモフォビアがはびこっていて、アーティのような人物が自由に生きていけるような社会ではなかったはずである。勿論彼のような人はいて、自分のブティックを開いて生きていたかもしれないが、『パレードへようこそ』さながら投石だの落書きだのが横行して*3、あんな綺麗なディスプレイが保てたかどうか怪しいものだ(因みに『パレードへようこそ』は1984〜85年の話)。またこの時期は『空飛ぶモンティ・パイソン』のテレビ版が放送されていた時期でもあるが、パイソンズのメンバーであるグレアム・チャップマンが途中までゲイであることをひた隠しにしていたのも有名な事実である。その後チャップマンは著名なゲイの人権活動家(gay rights activist)になったが、それでもパイソンズのスケッチにはゲイを茶化すものがいくらでもあるし、そこからは容易に当時の空気感が読み解ける*4。ほぼみんながバイセクシュアルだったろうと知っているクイーンのフレディ・マーキュリーだって、生前は自身のセクシュアリティについて決して明言しなかったし、当時はそういう時代だったのである(因みにフレディは91年没)。

trilltrill.jp

 

もうひとつこの作品には、やたらと日本だとかアジア人の影がちらちらと見えてしょうがない。大きくなったホーレスが盗みの成果を自慢するシーン、何故だか彼は木枯らし紋次郎みたいな格好をして登場する(ここは劇場で普通に笑いが起こっていた)。また、リバティにもバロネスのブティックにもちらちらとアジア人の店子が登場する。しかしながら、何度も言うがここは1970年代だ。いくら中華系や日本人とイギリスとの繋がりが強いとは言っても、あの当時街を歩けば日本人、という程に東アジア人がいたとは思えない*5。恐らくこれは、オスカーの授賞式でフランシス・マクドーマンドが声高に宣言した「インクルージョン・ライダー」を念頭に置いたキャスティングだろうと思う。確かにアジア人俳優に機会は与えられるべきだ。それでも、どう考えても黒人やインド系がもっといそうな時代背景において、東アジア系をちらほらと配置するのはまた違う話なのである。

www.elle.com

はっきりしたことを書いてしまうが、ディズニーは敏感に社会問題を嗅ぎ取って「やってますよ」感を出すのが得意な会社だ。でも所詮はアメリカ企業であって、舞台となっている国の歴史より、今のアメリカで問題となっていることの方が前面に出てしまうことだって多い。だからこの映画はよくも悪くもディズニーらしい作品なのだ。

 

ダルメシアンは実は凶暴

ディズニー映画のせいで可愛いイメージの付いたダルメシアンだが、実は元々猟犬で、なかなかタフだし警戒心が強いのは有名な話だ。『クルエラ』では自分たちが招いた種だからというのか、やたらとダルメシアンの凶暴な面が強調されている。何ならクルエラもといエステラがダルメシアン嫌いになる原因もそれだ。なんだか楽屋落ちみたいで面白い。

 

『101匹わんちゃん』では躍起になってダルメシアンの毛皮を集めていたクルエラだが、実は『クルエラ』ではただの1枚もダルメシアンの毛皮を得ようとしない。途中でダルメシアン柄のスカートが登場して、観客はみんなヒエッとなるものの、その直後にバロネスの愛犬3匹が揃って登場して、あれはただのブラフなのだということが分かる。『101匹わんちゃん』であんだけご執心だったクルエラなら、恨んだ相手の犬くらいなめしそうなものだが、そこはディズニー映画なので、ということなのだろうか。エンドロールの "no animal harmed"(動物は傷付けられていません)という言葉が滑稽だ*6。そう言えば「動物は傷付けられていません」って出てくる伊坂作品は『陽気なギャング』だっけ?

——久遠くんが動物大好きなのでこの作品も動物に優しいです

 

アトラクションのような驚異的な導線

——今週のお題「住みたい場所」

筆者の邪推ばかり書いていてほとんど筋書きの話をしていなかったが、主人公のエステラ嬢は、ロンドンの華やかなファッション界に憧れながらも、寄宿学校で筋金入りの悪ガキとして名を馳せていた。彼女はひょんなことからロンドンに棲み着くことになり、ガイドブックで何度も眺めていたリージェンツ・パークが、心の支えになる。凄くどうでもいいが、実はリージェンツ・パークはシャーロック・ホームズの本拠地ベーカー街221Bの目と鼻の先なので、この描写にホームジアーナの筆者は大変わくわくしてしまった。1度は行ってみたいし住みたい場所が、エステラの憧れとして描かれるので、彼女と同じ気持ちになってわくわくしてしまう。

因みに彼女がロンドン入りするシーンで、ザ・マルとバッキンガム宮殿が映っていてもういっちょわくわくしてしまった。ザ・マルは2012年のロンドン五輪2017年の世界陸上競歩などの会場に使われた場所だが、ロンドンと言えばここ!というような風景でもあり、『メリー・ポピンズ リターンズ』でもしっかり登場していた(点灯夫たちがビッグ・ベンへ急ぐシーン)。

mice-cinemanami.hatenablog.com

大きくなったエステラはリバティ百貨店に潜り込んで働くことになるが、実はこの店はロンドンいち有名な百貨店だ。日本で言えば銀座三越に彼女が潜り込むみたいなものである。地下でせっせとトイレを磨くエステラから、リバティで働く従業員たちを写して戻っていく一連の長回しが、驚異的なカットだった。まるでディズニーのアトラクションのような驚異的な導線。……いや、勿論ディズニー作品なのだが、あの一瞬のカット割りには恐ろしさすら覚えるほどの感動を覚えた。

 

よくもまあこれだけのキャストを

赤毛のエマ嬢、白い髪のエマ嬢

今作のエステラ/クルエラは、本来黒と白のツートンカラーの地毛のところ、リバティで働き始めてからは見事な赤毛に染め直し、バロネスの右腕にまで登り詰めていく。この演出は、エマ嬢自身のキャリアを考えてみると面白い展開だ。

www.youtube.com - この動画はちょっとブロンディ

『ラ・ラ・ランド』まで至るえまごず3部作で見せた赤毛が大変有名なエマ嬢だが、実は彼女の地毛は結構明るいブロンドだ。何なら結構白に近いくらいで、『バードマン』出演時の髪色が一番地毛に近いのではないかと思う(あとはガーフィールド版『スパイダーマン』のグウェン・ステイシー役もなかなか近い)。ところが彼女は、アリゾナから出て来た当初、役者として全く売れなかった。彼女が今のキャリアを掴んだのは、髪の毛を赤毛に染め直したのが転機とも言われている*7。ストーンと言えば赤毛の印象だが、実はこれは作られたエマ嬢の姿なのだ。

www.popsugar.com.au

今作でもエステラは、本来の白黒の髪を染め直し、赤毛になってファッション界に潜り込んでいく。そして成功を掴み、さあこれからはわたしの時代だ、というところで、元の白黒の髪を露わにするのである。エマ嬢の紆余曲折のキャリアを知る者として、この演出と彼女のキャリアが重ならないわけがない。エステラがチャンスを掴んだあの赤毛は、エマ嬢に今のキャリアを与えた赤毛でもあるのだ。

 

ちらっと『バードマン』の話が出て来たが、エステラがすっかりクルエラになった後、ベランダでひとり黄昏れるシーンで、この映画を思い返さずにはいられなかった。この映画にもエマ嬢演じるサムがひとり黄昏れるとても美しいシーンがある。リバティのシーン以上に驚異的な長回しのシーンが含まれているので、是非1度観てほしい。

 

魅力的なもうひとりのエマ

そしてエステラと酷く対立することになるバロネスを演じるのは、もうひとりのエマことエマ・トンプソンである。エマ嬢も見事なブリティッシュ・アクセントを見せていたが*8、トンプソンはトンプソンでザ・イギリスの芸能一家というような経歴なので、一歩も譲らない。

 

バロネスとして着飾り立てたトンプソンの姿は、最初カメレオン俳優なのかと思わせるほどの変装ぷりだ*9。しかしながら、悪役として『101匹わんちゃん』のクルエラに負けず劣らず暗躍していく様子で、少しずつ彼女の俳優としての力量が漏れ出していく。この配役はさながらアメリカとイギリスのエマ一騎討ちというような感じだ。そしてどちらも悪役大好きな俳優なので、活き活きと、そしてとことんまでぶつかり合いを見せる。

 

彼女の役名は字幕でも「バロネス」となっていたが、正確には「男爵夫人」というのが正しいと思う*10。同じ呼称で女男爵を示すこともあるが、男爵と結婚したというくだりがあったので、結婚して男爵夫人になったのだろう。

【ネタバレ注意!】

イギリスの貴族制度をちょっと囓っていると、彼女がエステラの存在を知って抹殺したがるのも腑に落ちる。彼女は飽くまで結婚して男爵夫人になったのであって、未亡人になった今でも夫の財産を使って生きているが、直系の子孫がいるとなると話が変わってくる。この場合、エステラに当主としての権利が移り、彼女は女男爵; バロネスを名乗ることもできるのだ*11。因みにこの辺の相続の話がめんどくさくて揉めているのが『高慢と偏見』である。ベネット家の財産は限嗣相続で、女ばかり5人産まれてしまったので、親たちは娘たちが金持ちと結婚して幸せに暮らせるよう祈るしかなかったのだ。

 

つよしの髪があるのはずるい

いやもうこれはほんとずるい。この映画の全てをつよしが持って行った気がする。

 

バロネスの側近として傅くジョンを演じるのはマーク・ストロング。元々『キック・アス』で見せたように悪役が大好きな俳優なので、最後までどっちに転ぶか分からないなあと思っていたのだが、蓋を開けたらこっちサイドだった*12。こういうところも含めて、この映画の全てをつよしが持っている気がする。

 

つよしと言ったらつるっぱげ、つるっぱげと言ったらつよし、というくらいスキンヘッドがトレードマークなマーク・ストロング*13。だからこそ唐突に髪ありつよしを見せられると我ら洋画クラスタは大変弱い。もう過去の髪ありつよしが観られるので劇場に走って下さい。これが一番の感想かつネタバレだ。

——上が髪なしつよしで下が髪ありつよし、そして両方に出てくるコリン・ファース

 

(中身全くない節書いてごめんなさい、それくらいあのつよしを観に劇場へ走ってほしい笑)

 

『スマイル』で溢れ出る『ジョーカー』感

本当はこの作品の音楽をあの『ムーンライト』のニコラス・ブリテルが務めたことに触れたいのだが(あれ以来すっかり売れっ子音楽家で嬉しい限りだ)、ひとつ曲の使い方が気になってしまって、それどころではなくなってしまった。問題の曲は『スマイル』だ。丁度クルエラが悪事に向かうシーンで流れていたように思う。

 

実はこの曲は、DCコミックス作品ながら金獅子賞に輝いた映画『ジョーカー』で酷く象徴的に使われている。ヴィランを中心に据えた映画でこの曲を使ってしまうと、ああ、この映画ではあの作品のようなことがやりたかったのだな、と当然考える。元々ディズニーは世界各地の物語を「ディズニー化」してきた会社だし、だからこそ余計にそう考えるのかもしれない*14

mice-cinemanami.hatenablog.com

『ジョーカー』は悪役誕生の影にあった社会の闇を描いた作品だった。ディズニーはクルエラという悪役を描くのに、どういう手法を用いたのか? そういうところに目を付けるのも面白いかもしれない。

 

おしまい

筆者がのんびり記事を書いているうちに映画の公開からはかれこれ1ヶ月余り経ってしまった。今作は劇場と配信が同時公開されたので、既にAmazonなど大手配信サイトで映画を観ることができる。是非ふたりのエマの魅力的な悪役の応酬を観ていただきたい。

クルエラ (字幕版)

クルエラ (字幕版)

  • エマストーン
Amazon

 

あとこれは凄くどうでもいいのだが、どっかでこの曲が流れたら良かったんじゃないかなという曲を最後に付けておく。朝ドラ『エール』の最終回良かったですよね。

 

関連:クルエラ / エマ・ストーン / エマ・トンプソン / マーク・ストロング / クレイグ・ガレスピー*15

*1:openly queer、LGBTQであることを周囲に明らかにして生きている人のこと

*2:ガストンの腰巾着として生きているル・フウには、エマ・ワトスンが主演した2017年版の実写映画で、実はゲイで密かにガストンへ思いを寄せているという設定が追加された。LGBTQの人々が世の中にそれなりいるというのは確かな事実だが、ディズニーがこういうことをやるといつも小手先のような感じがしてならない(ポリコレの概念を敏感に突っ込んでくる割に、ジョン・ラセターのセクハラ問題は明るみになるし、何なら創業者のウォルト・ディズニーは黒人差別主義者だった。昔の作品にはそこそこアジア人差別も登場する)。正直筆者もストレート・アライではあるので、普通の映画にLGBTQが普通の役として出てくるようになればな、とは思うのだが、、、

*3:この話は、1984〜85年にかけてウェールズで起きた炭鉱労働者ストライキの期間に、国民の多くがそっぽを向く中、同性愛者たちのコミュニティが活動に共感して金銭支援を行い、それをきっかけに両者の交流が生まれたという実話を基にした映画である。作中、同性愛者たちの活動を快く思わない市民たちが、事務所にもなっていた本屋を襲撃して、ゲイの店主を袋叩きにするシーンがある

*4:勿論、チャップマンの後にもスティーヴン・フライやマット・ルーカスなど、ゲイのコメディアンは何人もいるが、彼らもゲイを茶化すような作品は結構作っているので、これは最早イギリスコメディ界のお約束と言ってもよいのだが

*5:1970年に放送されたパイソンズの『バカ歩き省』"Silly walks"で「日本人は頭の上でくるくる足を回して……」というようなネタがあるので、それを考えてもまだまだ日本は異国の地だったはずである(問題のシーンは2分50秒頃〜)。また『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』(BTTF2)でマーティは日本人の上司相手に「シャチョサン!」と叫んでいるが、この映画だって1989年だ

*6:【ネタバレ】そう言えばラストシーンの贈り物が『101匹わんちゃん』に繋がる展開になっている。……流石にあれはこの話の中で1番のご都合主義のような……

*7:調べてみるとダークブラウンに染めてその後ジャド・アパトーの進めで赤毛にしたらしい。ところで赤毛は西洋だとちょっぴり嫌われていたりもする色なのだが……

*8:もっともそれができるのは既に証明済みだったのだが☞

mice-cinemanami.hatenablog.com

*9:まあトレローニー先生だって最初「えっ誰?」というような感じだったので、その片鱗はあるのかもしれない。

*10:但し翻訳は安心と信頼の松浦美奈さんなので、「ハウス・オブ・バロネス」の呼称など含めて、迷った末の「バロネス」表記なのだと思っている

*11:バロネスは結婚して男爵夫人になっただけの女性だが、エステラが家督を継いだ場合は、当主としてのバロネス; 女男爵になることができる

*12:ネタバレを防ぐためにわざとぼかしている

*13:「ストロング」なので「つよし」という安直なジャパニーズ愛称である

*14:実は『メリー・ポピンズ』の原作者パメラ・トラヴァースは、そういうディズニーの姿勢を嫌っており、この作品の映画化までには紆余曲折あった。その様子を今作にも出演したエマ・トンプソン主演で描いたのが『ウォルト・ディズニーの約束』である☞

*15:そう言えばガレスピーは『ラースと、その彼女』とか『アイ, トーニャ』で知られるのだが、両作品ともめちゃめちゃ観たいのにまだ全然観られていない(前者はごすりん案件で、後者はマーゴ・ロビーがトーニャ・ハーディングを演じた作品だ)。

Live Moon ブログパーツ