ちいさなねずみが映画を語る

すきなものを好きなだけ、観たものを観ただけ—

テリーJの死に寄せて - パイソンズからの追悼文

現地時間のおとといモンティ・パイソンのテリーJことテリー・ジョーンズが亡くなりました。2月1日の78歳の誕生日まであとわずかという日付でした。既に筆者からも追悼記事を出しております。

mice-cinemanami.hatenablog.com

一夜明けた今日、探しているとパイソンズのメンバーが各々追悼コメントを出していて、全員分出揃っていました。せっかくなので誰がどんなコメントをしていたか紹介したいと思います。

 

  • 長年のスケッチメイト、ペイリン
  • ペイリンに続いて長い付き合いのエリック・アイドル
  • #死んでないです - テリーG
  • 電話を投げつけられた?! - ジョン・クリーズ
  • 日本に来たこの人も
  •  おしまい

 

長年のスケッチメイト、ペイリン

追悼記事でも書いたように、折に触れテリーJの元を訪れ、したコメでの『ミラクル・ニール!』上映時には彼に代わってコメントまで寄せてくれたペイリン。オックスフォード時代の学友ということもあり、パイソンズの中では最も長くテリーJと関わった人物です。くせ者だらけのパイソンズの中で、パイソンズ唯一の良心と言われただけあって、彼の文章はどこかあたたかみがあります。 ペイリンは自身のFacebookページを通じて談話を寄せました。

www.facebook.com

Terry was one of my closest, most valued friends. He was kind, generous, supportive and passionate about living life to the full. He was far more than one of the funniest writer performers of his generation, he was the complete Renaissance comedian - writer, director, presenter, historian, brilliant children's author, and the warmest, most wonderful company you could wish to have.
I feel very fortunate to have shared so much of my life with him and my heart goes out to Anna, Alison and all his family. ——公式Facebookより(200123 00:31(JST))

拙訳ですが。

テリーは最も親しく、最も価値のある友人のひとりでした。彼は親切で、寛大で、支えてくれ、人生を最大限楽しむことに情熱を注いでいました。彼は同世代の中で最も面白いライター・パフォーマーのひとりだっただけでなく、コメディアンとしてルネサンスを起こした人物でもありました—ライター*1、監督、司会、歴史学者、素晴らしい子ども向け作家で、自分でも望んだであろうくらい最も温かく素晴らしい同僚でした。自分の人生の多くを彼と共有できて大変幸せ者だと感じていますし、私の心はアナ、アリソン、そして彼の家族全員と共にあります。

 

*1:ここでは多分いわゆる作家ではなくて、スケッチを書く人をイメージしているはずなので、敢えて「ライター」と書きます

続きを読む

テリーJが亡くなりました - #モンティ・パイソン

年末に亡くなったニール・イネスに引き続き、テリーJがグレアム・チャップマンの元へ旅立ちました。2016年にFTLD*1を公表して以来(後述)、スケッチメイトのペイリンとの食事会も覚束ないほどだったという報道はあり、薄々覚悟はしていましたが大変悲しいです。温和な見た目とは裏腹に、テリーGとの共同監督では大喧嘩をして次作では単独監督になったり(これも後述)、ジョン・クリーズと反りが合わず電話*2まで投げつけたとかいう破天荒エピソードもあった彼でした。悲しいですね。ペイリンと名作スケッチをいくつも書いてくれてありがとう。ペイリンの気持ちを考えてしまいます(これも後述)。

www.bbc.com

 

思えばテリーJがFTLDを公表したのは、久々の監督作品『ミラクル・ニール!』が日本で封切られた直後でした。この作品はあのロビン・ウィリアムズの遺作となった作品でもあります。わたしはロビン・ウィリアムズも大好きなので、それだけでも大分悲しかったのですが、「ああこれでこの作品はテリーJの遺作になってしまうのだな」と思って大変悲しい思いをしました。勿論認知症は本人の死ではないので、「遺作」という言い方は全く正しくありませんが、でもパイソンズであれだけ言葉巧みなスケッチを書いたテリーJにとって*3、どんどん言葉が失われていくFTLDを発症したことは、死にも値する悲しみだと思います。この作品で主演を務め、パイソンズの大ファンでもあったサイモン・ペグは、早速テリーJがスパムを持った写真を上げて追悼しています。

ミラクル・ニール!(字幕版)

ミラクル・ニール!(字幕版)

  • 発売日: 2016/10/04
  • メディア: Prime Video
 
ミラクル・ニール! スペシャル・プライス [Blu-ray]

ミラクル・ニール! スペシャル・プライス [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • 発売日: 2018/02/02
  • メディア: Blu-ray
 

 

  • 長年の盟友、マイケル・ペイリン
  • あのスケッチも彼らの作品
  • 見え隠れしていた病気の影
  • よくも悪くも我の強いふたりのテリー
  • 結成50年を越えられてよかった

 

*1:前頭側頭型認知症; 英語はfronto-temporal lobe dementiaだったかと思います

*2:電話だったかタイプライターだったか、いずれにしろ酷い

*3:テリーJとペイリンのスケッチの特徴は言葉遊びが多いことです

続きを読む

生きてこそ - 映画『ジョジョ・ラビット』

ふと時間が空いたので、映画『ジョジョ・ラビット』"Jojo Rabbit"('19)を観てきた。大好きな監督タイカ・ワイティティと、ここ最近のイチオシ配給FOXサーチライトがタッグを組んだとあって、制作情報の段階から楽しみにしていた作品である。元々ナチス・ドイツを扱った作品は好んでよく観ていたので*1、実はユダヤ系の血を引くワイティティが*2、この話をどう調理するのかも気になっていたところである。

www.foxmovies-jp.com

封切り前から、この作品は "An Anti-hate Satire"(反憎悪の風刺劇)と銘打たれていたが、ワイティティが経験充分の俳優陣と新人俳優たちを織り交ぜて作ったこの一作は、単なる風刺劇を超えるものだった。

——なあ、イカあんた本当にずるいよ

今日はそんな『ジョジョ・ラビット』のお話である。

www.youtube.com

!!! SPOILER ALERT! SPOILER ALERT! SPOILER ALERT! !!!
※この先には本編のネタバレが含まれますので新鮮な気持ちで作品を楽しみたい方はご遠慮下さい※
 

*1:予め断り書きを入れておくが、筆者はナチス・ドイツを礼賛しているわけではないし、むしろドイツ映画界がそれをどう贖罪として扱っているかとか、ハリウッドやイギリスなどに渡ったユダヤ人たちがそれをどう扱うかの方が好みでよく観ているのである(こちらが個人的おすすめ☞)。

*2:本作のプロモーションでも明かされた通り、ワイティティの母はロシア系ユダヤ

続きを読む

祝!ベンハバースデー - 永遠のボラプボーイズ

1月3日は映画『ボヘミアン・ラプソディ』でロジャー・テイラー役を演じたベン・ハーディの誕生日。ズッ友ボーイズたちは例に漏れずきちんとお祝いをしてくれていましたとさ。そんなお話。

www.instagram.com

  • うきうきボーイズ
  • まさかの三角関係
  • カードボードベン、ここまで来てまさかの新作
  • おしまい
続きを読む

『ジョジョ・ラビット』の前に必見! - 映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』

ゴールデン・グローブ賞の発表も終わり、いよいよ今年の賞レースも後半戦。2月初めのオスカーで締めくくりとなるが、それを引っ張っているのがタイカ・ワイティティの新作『ジョジョ・ラビット』"Jojo Rabbit"('19)である。ケネス・ブラナーが重厚感を持ってスタートさせたMCUマイティ・ソー』シリーズに『マイティ・ソー/バトルロイヤル』で旋風を吹き込んだワイティティが*1ユダヤ系のルーツを持つ身としてナチス・ドイツレジスタンス運動をどう描くのかも見どころな一作だ。主演のローマン・グリフィス・デイヴィスは9歳ながら、この作品で堂々ゴールデン・グローブ賞ノミネート。主人公ジョジョの愉快な母にはスカヨハ*2、教官役には『スリー・ビルボード』のサム・ロックウェルと何かと話題な『キャッツ』からレベル・ウィルソン、そして空想のヒトラー役にはワイティティ本人と豪華布陣が敷かれた。

 

この作品の公開前に是非とも観ていただきたいのが、ワイティティがスケッチメイトだったジェマイン・クレメントと共に製作した『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』"What We Do in the Shadows"('14)。ワイティティらしい軽妙さのルーツが分かる作品なので、『ジョジョ・ラビット』の予習がてら視聴していただきたいと思う。

www.youtube.com

*1:

*2:そう言えばタイカはスカヨハの出演に意味分からないコメントを寄せていた☞

theriver.jp

続きを読む

銀河一当てにならないSW9レビュー - 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

遅ればせながら昨年末に公開された『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』"Star Wars: The Rise of Skywalker" の記事をお送りしたい。「レビュー」と銘打ってはいるが、実情はネタバレありでちょっと語りたいだけの小ネタ集である。

www.youtube.com

!!! SPOILER ALERT! SPOILER ALERT! SPOILER ALERT! !!!
〜引き返すなら今のうちだよ〜
 

 

続きを読む

2019年、ことしみたえいがたちです

晦日恒例ということで今年観た映画のポスターをまとめてみた。全部でパワポ3枚。ドラマでも見応えがあったり思い入れがあるのは入れてある。

 

f:id:mice_cinemanami:20191231230328j:plain

f:id:mice_cinemanami:20191231230331j:plain

f:id:mice_cinemanami:20191231230332j:plain

ことしみたえいがたちです

 

mice-cinemanami.hatenablog.com

mice-cinemanami.hatenablog.com

個人的に今年観た中で思い入れが深いのは『メリー・ポピンズ リターンズ』、そして『アナと世界の終わり』。今年は以前観た映画を引っ張り出してきて観たりしたのも印象深い。ちょっとTDRに行きたい気分が漏れ出している。

邦画では『記憶にございません!』で(駄作と呼ばれた)『ギャラクシー街道』のぐだぐださを引っ張らずに、元の三谷幸喜が戻ってきてくれたのがよかった。個人的邦画ナンバーワンは、地元仙台でロケされた『アイネクライネナハトムジーク』である。小粒だが可愛い作品だった。

思い返すと映画記事を書こうとして挫折したものも多い。年明けにちょこちょこ書けるといいな。

年明けは1月から2月にかけて賞レース関係の作品の公開が目白押しなので楽しみである。丁度実習休みも重なっていて嬉しい限り。またフォーラム仙台とチネ・ラヴィータに通い詰めである。

それでは皆さんよいお年を!

 

 

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)

 

 

 

 

——来る2020年も、沢山素敵な映画を観られますように。——今週のお題「2020年の抱負」

 

 

関連:映画

Live Moon ブログパーツ