ちいさなねずみが映画を語る

すきなものを好きなだけ、観たものを観ただけ—

配給会社別

生きてこそ - 映画『ジョジョ・ラビット』

ナチへの忠誠か少女との友情か——揺れ動く10歳の少年の小さな心

祝!ベンハバースデー - 永遠のボラプボーイズ

公開1年経っても大変仲良し💕ボラプボーイズ珍道中

『ジョジョ・ラビット』の前に必見! - 映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』

NZに住む吸血鬼のルームシェアをモキュメンタリー化、これぞワイティティの原点

銀河一当てにならないSW9レビュー - 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

レイロは◯◯でも営めばいい?! 今回も不憫なあのキャスト—読まなくても何ら困らない小ネタレビュー

ボラプボーイズはズッ友だょ……ベンハとマッゼロ再会編

公開1年経っても大変仲良し💕ボラプボーイズ珍道中

ガーウィグ版『若草物語』邦題にブチ切れていいですか

何度目だよ! サブタイトル邦題

(濡れシャツ)コリン・ファースの出世作、BBC版『高慢と偏見』はマストバイ!

イギリスの通りという通りから人を消したコリン・ファースがお求めやすくなったぞ!

爪弾きにされた悲しきクラウンの物語 - 映画『ジョーカー』

社会から爪弾きにされた悲しきクラウンが、悪の権化「ジョーカー」に目覚めるまで

祝!2周年、ボラプボーイズ

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の公開から早1年近く。日本ではボラプを仕上げたデクスター・フレッチャー監督によるエルトン・ジョンの自伝劇『ロケットマン』も公開された。プロモーションで来日したフレッチャー監督によれば、ガイ・リッチー版ホームズ第…

役所広司の役者魂こそ、渇き - 映画『渇き。』

狂った人間たちの群像劇、俳優ひとりひとり違う「狂気」の表現法

サイモン・ペグとクリスマスに贈る映画『アナと世界の終わり』小ネタ集

新感覚ゾンビミュージカルに詰まっていたのは、『ショーン・オブ・ザ・デッド』とクリスマスへの偏愛だった

ライアン・ゴズリングは死んでてもイケてるぜ - 映画『アナと世界の終わり』

イギリス発の歌って踊るゾンビホラーコメディ、なのに高校生のリアルな葛藤まで映し出す大迷作!

人間ニール・アームストロングの苦悩に焦点を当てた静かな作品 - 映画『ファースト・マン』

『ラ・ラ・ランド』コンビ2回目のタッグは、ひとりの人間の苦悩を描いた静謐な作品だった

悲喜こもごも? 『MILK』とカードボード・ベン新作祭り - 何度目だボラプボーイズ

忘れた頃にやってくる、それが「ヤツら」である。 映画賞シーズンから早半年。1年も折り返しを過ぎ、次の映画賞シーズンに向けた動きが色々と聞こえてくるはずの時期だが(実際デクスター・フレッチャー監督*1の『ロケットマン』が好評スタートを切ったと話題…

どん底のダブリンから羽ばたく珠玉のアオハル映画 - 『シング・ストリート 未来へのうた』

かっこ悪くたってこれが自分、ジョン・カーニーが送る半自伝的作品

この吹替だけはチェックしてほしい - 映画『メリー・ポピンズ リターンズ』

「日本語完全吹替版」の名前にふさわしい豪華吹替キャスト陣をご覧あれ

完璧な続編を作り上げた珠玉のサウンドトラック - 映画『メリー・ポピンズ リターンズ』

シャーマン兄弟の傑作サウンドトラックを上手く取り込んだマーク・シャイマンの力量よ

守りたい、この笑顔 - ポール・ラッドおじさんの魅力をご覧あれ

愛すべきおじさんポール・ラッド、今日もキレッキレのファニー映像に出演

偏向視聴歴で『アベンジャーズ/エンドゲーム』を語らせろ - おまけ編(?)

この視聴歴でEG語る? - ラストの小ネタにして王道キャラ編、エンシェント・ワンとブラック・ウィドウ

偏向視聴歴で『アベンジャーズ/エンドゲーム』を語らせろ - みんなが気になるガモーラ編

『エンドゲーム』、みんなが気になるガモーラの運命を語ります

偏向視聴歴で『アベンジャーズ/エンドゲーム』を語らせろ - GotG編

『エンドゲーム』GotG編、ネビュラとクリプラ編

偏向視聴歴で『アベンジャーズ/エンドゲーム』を語らせろ - アントマン編

この視聴歴で『アベンジャーズ/エンドゲーム』語る? - アントマンオタク編

映画『メリー・ポピンズ リターンズ』のきらめくようなキャストたち

ディズニーが本気を出したキャスティング、その裏には小ネタが沢山

「この公式が凄い!」 - カードボード・ベンのその後

相変わらず公式からの供給過多なカードボード・ベン・ファンタジー

子どもの心を取り戻せ - 映画『メリー・ポピンズ リターンズ』

これは「大人のためのおとぎ話」、ディズニーが総力を結集した続編

つべこべ言う奴は吹っ飛ばせ - 映画『キャプテン・マーベル』

ブリー・ラーソン主演、MCUフェイズ3の鍵を握る待望の一作、『キャプテン・マーベル』"Captain Marvel"('19)を観てきた。『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』('18)で衝撃のラストを迎えてから1年、ユニバースを救う鍵を持つのは彼女だと言われ続けて…

これが真の終わり、ボラプボーイズの旅路 - 映画『ボヘミアン・ラプソディ』

ボラプの旅路の最後は、勿論ベンハとマッゼロさん

賞レースの余韻を引き摺るグウィリム・リー - 映画『ボヘミアン・ラプソディ』

賞レースシーズンの終わりに耐えられないグウィリム・リー、気付けば博士もびっくりのインスタ更新頻度

終わらないでくれ、ボラプボーイズの旅路 - 映画『ボヘミアン・ラプソディ』

ボラプボーイズSNS集オスカー編、(筆者の仲で)終わる終わる詐欺状態

司会者不在の穴を見事に埋めたクイーン+アダム・ランバート - 第91回アカデミー賞

今年のアカデミー賞は、30年ぶりに司会者不在で実施された異例のもの。当初はきちんと実施できるのか不安視されていたが、蓋を開ければすっとこどっこい、前年より視聴者数が伸びるという見事なものだった*1。 そんなオスカー当日、受賞者やプレゼンターがス…

Live Moon ブログパーツ